ご相談・お問い合わせ

日東礦工商事株式会社 エンジニアリング部

〒167-0021 東京都杉並区井草 1-35-1

☎︎ 03-6915-0770

(受付時間 09:00〜17:00)FAX 03-6915-0771

エンジニアリング部

本社・営業部

埋設タンク・配管漏洩検査(認定第13063)

地下タンクの漏洩検査はお済みですか?

危険物の規制に関する規則第62条の5の2、第62条の5の3危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示第71条、第71条の2が改正され、定期点検の周期・漏れの点検方法及び判定基準が見直され、また点検の範囲が明確化されました。

平成16年4月1日施行

地下貯蔵タンクは漏洩検査が必要です。

定期点検が必要な施設

指定数量以上の危険物を貯蔵する地下タンクを有している施設は、全て定期点検をすることになっています。また、他の危険物施設につきましても、指定数量の倍数により点検の義務が生じます。

政令第8条の5により、点検が必要な施設

  • 地下タンク貯蔵所
  • 地下タンクを有する給油取扱所、
    製造所、一般取扱所
  • 移動タンク貯蔵所
  • その他指定数量の倍数ごとに定められる製造所等

実施時期

原則として1年に1回以上実施することになっています。

・定期点検の実施は、原則として1年に1回以上(規則第62条の4第1項)

漏れの点検の実施は、構造・形態・設置年数等により実施時期が異なります。
(規則第62条の5の2及び、5の3)

定期点検時期と対象設備

罰則

定期点検を実施しない場合、点検記録を作成せず、虚偽の点検記録を作成し、又は点検記録を保存(保存期間は3年間)しなかった場合には、法14条の3の2違反として、それぞれ罰則が適用される場合もあります。

定期点検を実施しない場合

法第44条第3の3号により、
30万円以下の罰金又は拘留

虚偽の点検記録を作成、
又は点検記録を保存しなかった場合

法第12条の2により、
許可の取消し又は使用停止命令

タンク清掃

タンクは漏洩が目視、及び流出防止壁等があるため、基本的に漏洩検査は行いませんが、タンク内には水やスラッジ等が溜まることもございますので、定期的なタンク内清掃をお勧めいたします。当社では、地上タンク、地下タンク共に清掃作業を承っておりますので、清掃のみでもお気軽にご相談下さい。

日東礦工商事株式会社 エンジニアリング部門

〒167-0021 東京都杉並区井草 1-35-1

TEL 03-6915-0770 FAX 03-6915-0771

地下タンク定期等点検認定事業者

認定番号 地(5)第13063 号

地下タンクFRP内面ライニング施工認定事業者

認定番号 ライニング(2)第1303 号

産業廃棄物収集運搬業

認定番号 13-00-106826 号

〒160-0023 東京都新宿区西新宿 5-1-14

〒167-0021 東京都杉並区井草 1-35-1

TEL 03-5333-2201 FAX 03-5333-2261

TEL 03-6915-0770 FAX 03-6915-0771

since 2009-10-08 / Copyright 2016 日東礦工商事株式会社 . All Rights Reserved.